■実現できました


選挙公約や議会で取り上げたことなどで、実現できたものを紹介しております

■拝島駅南北道路・橋上駅舎の建設


拝島駅南北道路・橋上駅舎の建設及び、駅前広場・都市計画道路3・4・2号線の事業化を実現しました!

■市内各駅で、エレベーター等設置


JR東中神駅・西立川等市内各駅で、エレベーター等設置によるバリアフリー化が、平成19年度中に完了します!

■ 都市計画道路3・4・9号道路整備の促進


都市計画道路3・4・9号道路整備の促進と、多摩大橋新設と青梅線アンダーパス化の推進をしました!

■児童手当の支給対象年齢拡大


児童手当の支給対象年齢を「小学3年修了時前まで」から「小学6年修了時前まで」に拡大!さらに所得制限の緩和も実現しました!

■乳幼児医療費助成制度の所得制限を撤廃


乳幼児医療費助成制度の所得制限を撤廃(4歳未満児まで)を実現しました!

■保育園児待機児童解消を推進


保育園児の受入れ枠拡大や、分園設置で待機児童解消を推進しました!

■全小中学校に防犯カメラを設置


子どもの安全・安心のため全小中学校に防犯カメラを設置を実現しました!

■ 小学生・中学生に防犯ブザーの貸与


犯罪から守るために小学生・中学生に防犯ブザーの貸与を実現しました!

■学童クラブ待機児童解消を推進


学童クラブ定員枠拡大や、学校施設を活用した「マッテマステーション」設置で待機児童解消を推進しました!

■高齢者筋力トレーニングの為の機器設置等


高齢者筋力トレーニングのための機器設置と教室の開催を実現しました!

■乳ガン検診の導入及び拡充


マンモグラフィによる乳ガン検診の導入及び拡充を実現しました!

■AED設置


AED(自動体外式除細動器)の市内公共施設への設置を実現しました!

■市内循環バス導入


市内循環バス「Aバス」を2路線導入を実現しました!

■地下水流動調査の実施・実現


地下水流動調査の実施・実現しました!

■昭島市のアスベスト対策をHPで紹介  2005年10月18日(火)


昨今アスベスト被害が社会問題化している。

9月の第3回定例会に先立って行われた厚生委員会において、市民のアスベストに対する不安感を解消するための当市の取り組みについて、どのように周知しているのか確認したところ、広報などを利用して周知しているとの回答であった。

 連日のように新聞やテレビなどで取り上げられている問題であり、市民の不安解消に全力で取り組むべき、と指摘。

リアルタイムで市の取り組みを市民に周知する必要性と、その手段としてHPを積極的に活用すべきと訴えた。

■「チーム・マイナス6%」に加入  2005年8月1日(月)


昭島市が自治体として、「チーム・マイナス6%」に登録されました。

 

 現在テレビCMでも放映されている「チーム・マイナス6%」とは、環境省が本年4月に、京都議定書による我が国の温室効果ガス6%削減約束を達成するため、「チーム・マイナス6%」の愛称で地球温暖化防止に取り組む「国民運動」を実施すると発表。

 温室効果ガス削減約束の達成に向けて、参加する個人や法人、あるいは自治体が個別に行動するのではなく、みんなが一つの“チーム”の意識を持って、一丸となって地球温暖化防止に取り組もうとする「国民運動」である。

 

 平成17年第二回定例会の一般質問で、市民意識の高揚・啓発という観点から、「チーム・マイナス6%」へ参加して取り組むべき・・とうったえたところ早速、この度登録されたものである。

 質問の詳細は議会報告のページの平成17年第2回定例会をクリックすると確認いただけます。

■昭島市木造住宅耐震診断補助制度をHPで紹介


■行財政改革の推進


 

平成15年6月議会の補正予算審査特別委員会において、市職員の通勤費について質問しました。

JRや路線バスなどの定期代は1ヶ月単位よりも6ヶ月単位のほうが割安なことから、民間では早くから導入していました。

昭島市においては現状1ヶ月単位での通勤費支給であったため、6ヶ月単位の支給による経費削減を主張しました。

そのことが今議会で実現、10月から実施されることとなりました。

また、夫婦ともに市職員の場合、両方に住宅手当が支給されていましたが、今後、片方支給に改められます。

この改定により、1,220万円の財政効果が見込まれます。