■私の活動日誌


私、赤沼やすおの議員活動報告です。

■第57回東京都市議会議員研修会が開催 2019.2.8


 府中の森芸術劇場で、東京都内の市議会議員を対象とした研修会が行われました。毎年この時期に行われる研修会で、今年のテーマは「東京の自治と市議会の役割」、東京大学名誉教授の大森彌先生を講師に迎えての研修会でした。

 

 少子高齢化や人口減少社会の対応に始まり、様々な視点からの講演内容で、特に「地方議会では首長に対する与党も野党もなく、各会派が『妥協』して、政策を前に進めることが大事(趣旨)」というくだりは大変共感できるものでした。

■国際法務総合センター少年矯正施設内覧会に参加 2019.2.6


 本年4月より、立川基地跡地昭島地区内(=昭島市もくせいの杜)にある、国際法務総合センター内に、新たに少年矯正施設がオープンになります。

 それに先立ち、2月8日に昭島市長をはじめ、昭島市幹部職員、昭島市議会議員、各種メディア等を対象として、内覧会が行われました。

 

 現在は東京都府中市に所在する関東医療少年院、神奈川県相模原市にに所在する神奈川医療少年院が東日本少年矯正医療・教育センターとして移転集約され、東京都八王子市に所在する八王子少年鑑別所が東京西法務少年支援センターとして移転することになります。

 

 既に稼働している東日本成人矯正医療センターと東日本少年矯正医療・教育センターは、医療機器等を共有する部屋も少なくなく、公共施設の更新問題の観点からも興味深い内覧会となりました。

■第7回昭島市自治会ブロック対抗スポーツ大会が開催 2019.2.3


 「節分」の本日、昭島市では豆まきではなく、自治会対抗のインドアペタンクが行われました。

 以前は綱引き大会が行われていて、私もチームの一員として参加したことがありますが、7年前からインドアペタンクに種目が変更されました。

 

 時の移り変わりとともに、変化していくもの、残っていくもの、消滅するもの等、様々ですが、「残すべきもの」は何なのかしっかり見極めていかなくてはなりませんね。

 

 

■昭島市議会議員研修会が開催 2019.1.29


 公認会計士 後藤康彦先生を講師に迎え、「新地方公会計の導入と活用」と題する講演を行っていただきました。

 

 今後の昭島市の重要課題のうちの一つが、「公共施設の更新」問題であり、私自身もこれまでに最大の関心を持って取り組んできた問題ですが、それと密接なかかわりを持つのが「新地方公会計制度」です。

 

 大変参考になる講演内容で、今後さらに勉強しながら、より良い昭島のまちづくりに活かしていきたいと思いました。

■第58回新春たこあげ大会が開催 2019.1.20


 快晴のもと、新春恒例のたこあげ大会が市内4カ所で開催されました。学校ごとに形の違う手作りのたこが、空高く舞い上がっていました。

 もう少し風が吹けば、もっと高く上がったことでしょう…。

 子どもたちに選ばれた凧は、後日、市役所に飾られました。

干支の猪や、好きなキャラクターなど、それぞれの思いのこもった凧が並んでいました。

 ・・・ん?マグロ?のたこもあります。

よほどマグロが好きなのか、3億円超えのマグロの初競りが印象的だったのか・・・。

■第65回昭島市成人式が盛大に開催 2019.1.14


■平成31年昭島市消防団出初式開催   2019.1.13


 平成31年1月13日(日)午前9時50分より平成31年昭島市消防団出初式が、拝島第三小学校で盛大に開催されました。

 多くの来賓や市民の皆様が見守る中、各表彰・災害救助訓練披露・消防操法披露・一斉放水披露が行なわれました。

 

 昼夜を問わず、市民の生命と財産を守るために尽力されている消防団の皆様に、感謝の思いを新たにした一日となりました。

 今年も大変お世話になります。

■公明党東京都本部賀詞交歓会に参加  2019.1.11


 公明党東京都本部(高木陽介代表=衆議院議員)の新春賀詞交歓会が11日、都内で盛大に開かれました。

 山口那津男代表はあいさつで、4月の統一地方選挙、夏の参議院選挙の連続勝利へ、東京が党勢拡大の突破口を開いていこうと訴えました。

 

 会合には、自民党の二階俊博幹事長、小池百合子都知事、田中常雅東京商工会議所副会頭ら各界から多数の来賓が出席されました。

■恒例の新春街頭演説会で平成最後の一年をスタート 2019.1.2


 公明党昭島総支部は2日13:00より、JR昭島駅北口駅前広場にて、高木陽介 公明党東京都本部代表(衆議院議員)とともに、毎年恒例となっている新春街頭演説会を行いました。

 

 今年は4月に統一地方選挙が行われ、私たちにとっては勝負の年。

 平成最後の選挙を、公明党昭島総支部として大勝利する決意をそれぞれが述べさせていただきました。